【ゲーミングデバイス オススメ】初めて買ったデーミングデバイスをフォロワーさんに聞いてみた!

ゲーミングデバイス
この記事は約10分で読めます。
スポンサードリンク

こんにちは、みずまるです。

あなたが初めて買ったゲーミングデバイスはどんなものでしたか?

パソコンでゲームをするのが当たり前になってきたこの時代、ゲーミングデバイスに憧れを持つ方は少なくないはず。

今回はフォロワーさんに初めて買ったゲーミングデバイスを聞いてみたので紹介していこうと思います。

あわせて読みたい!

【ビジネス向けおすすめデバイス】ゲーミングブランドからビジネス向けデバイスが出てるの知ってる?

【キーボード キーキャップ交換】そうだ、キーキャップ交換してみない?

【グラボ 適正価格】結局グラフィックボードはいつになったら買えるんだ….?

ちなみに僕が初めて買ったゲーミングデバイスは RazerのDeathadder

今回の記事のサムネイル画像はmituΩさんにいただきました!ありがとうございます!

やっぱり人気のRazer

f:id:mizumarublog:20220113055017p:plain

ゲーミングデバイスといえばRazerみたいなところもありますよね。

やはり王道なのでここから入る人も多いみたいです。

昔は値段が高く学生さんなんかはなかなか手を出しにくかったと思いますが、最近は価格改定が進み手に取りやすくなったのも魅力の一つですよね。

Blackwidow シリーズ ゲーミングキーボード

f:id:mizumarublog:20220113055709j:plain

こちらはRazerのド定番のキーボード。

キーが浮き出ているフロウタイプのBlackwidow X、右上にダイヤルがついているBlackwidow Elite/Pro,テンキーレスのtournament Editionなど種類が豊富ですが、何といっても最大の魅力はRazer Green swicthやRazerオプティカルスイッチなどの自社製スイッチにあると思います。

近年ラインラインナップされているRazer製キーボードにはオプティカルスイッチが搭載されており、スイッチの特性上入力検知が光のオンオフでされる為反応速度が非常に高い上に耐久性も高いのも強みだと思います。

f:id:mizumarublog:20220113061107g:plain

Razer Keyboard Switch – The All New Razer Opto-Mechanical Switch

Kraken ヘッドセットシリーズ

f:id:mizumarublog:20220113062327j:plain

こちらもド定番中のド定番のヘッドセットですね。

僕がKrakenを使っていた頃からもう三世代も新しくなっていろんな種類が出ていることに驚きました。

Krakenは音のバランスが非常に良く映画や音楽、もちろんゲームに関しても偏りが少ないEQが特徴です。

強いていうなら筐体が少し大きく重たいのが難点。

マウスパッド

f:id:mizumarublog:20220113063611p:plain

Razerのマウスパッドはいろんな種類が出ていますが、その中でも僕の一押しをご紹介します。

上の画像はRazer Goliathus Extended Chromaという製品なのですが、何といっても一番の特徴は縁がRGBに光るところ。安い製品だと光にムラがあったり何かと残念な商品が多いですが、さすがのRazer製なのでムラは一切なくRazer synapseというソフトを使えば自分好みの色に設定できるのもいいところ。ものすごく映えます。

f:id:mizumarublog:20220113064523j:plain

Logicool

f:id:mizumarublog:20220113071416p:plain

Razerに次いで票が多かったのはLogicoolでした。

Logicoolはゲーミングデバイス以外にもビジネス向けデバイスなども出している為、世間からの評価もいい気がします。

G402 ゲーミングマウス

f:id:mizumarublog:20220113071840j:plain

こちらはLogicoolから販売されているゲーミングマウスです。
LogicoolにはG502 HEROというRazerのDeathadderと肩を並べるぐらい人気のマウスがあるのですが、G402はそのG502からボタン数を減らし筐体を少し小さくした廉価版マウスになっています。

G502は有線モデルと無線モデルがあり有線モデルでも1.1万円程度しますが、G402は約5000円程度と半額で購入できるので初めてのゲーミングデバイスにはうってつけかもしれません。

G502 HERO ゲーミングマウス

f:id:mizumarublog:20220113101322j:plain

こちらは先ほども少し触れましたが、Logicoolの言わずと知れた名機です。
搭載されている11個のボタンはG HUBというソフトを使えば全てに割り当てが可能で、ゲームによって割り当てを変えることもできます。

裏面には重りをつける所があり好みの重さに調節することも可能ですが、デフォルトでも少し重めなので僕個人的には重りはない方がオススメ。

無線モデル↓

G PRO X ゲーミングキーボード

f:id:mizumarublog:20220113102202j:plain

こちらの製品はLogicoolがプロゲーマーと共同開発したゲーミングキーボードです。

ゲームではあまり使わないテンキー部分を省略し、ケーブルも脱着可能の為断線しても新しいキーブルを用意すればより長く使うこともできます。

ホットスワップというキースイッチ自体が取り外し可能な機構が採用されているため、好みのスイッチと交換してより自分に合ったプレイ環境にすることができます。

G304 ゲーミングマウス

f:id:mizumarublog:20220113103555j:plain

こちらはG304というゲーミングマウスです。

世間的にも珍しいカラーバリーションが豊富な製品でデスクを個性的にしたい人にとってはおすすめかも。

電池式なので値段もそこまで高くなく、ライティング機能がないので電池が長持ちするのもいい所。

G733というヘッドセットと併せて使うと色の統一感が出ていいかもしれませんね。

G213 ゲーミングキーボード

f:id:mizumarublog:20220113105447j:plain

こちらはLogicoolから出ている最廉価グレードのゲーミングキーボードです。

リストレスト一体型なので手首の負担もかかりにくいです。

さらに最廉価ながら右上にメディアキーも搭載されているので直感的に音量調整や再生停止を操作できます。

G203 ゲーミングマウス

f:id:mizumarublog:20220113110556j:plain

こちらはG203というゲーミングマウスなのですが、フラッグシップモデルのPROマウスの廉価モデルになっています。

サイズが少し小ぶりでG304と同じくカラバリも豊富な上にライティング機能も搭載されています。さらに4,400円程度とコスパがかなり良いマウスになっています。

今回は以上です。

まだまだありましたが長くなってしまったので続きは#2で執筆します。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました