TP-Link Tapo C320WS 使用レビュー!手軽に防犯対策!【防犯カメラ コスパ重視】

TP-Link
この記事は約10分で読めます。
スポンサードリンク

みなさん防犯対策はしていますか?

最近は車上荒らしや窃盗などちょっと目を離した瞬間、盗みに入られてしまうなんていうニュースをよく耳にします。

もちろん盗みに入られないことに越したことはないですが、万が一大切な愛車が盗まれてしまった時に一刻も早く見つけるためにも少しでも多くの手がかりがあった方がいいですよね!

この記事では気軽に導入できて尚且つ遠方からでも映像を確認できるTP-Link最新モデルの防犯カメラTapo C320WSをご紹介します!

提供:TP-Link

スポンサードリンク

開封&付属品

外箱

THE・業務用という感じではなく、カジュアルなデザインです。
デザインは英語表記のみ。

中身

付属品
・Tapo C320WS本体
・電源アダプタ
・防水用ケーブルアタッチメント
・固定用ネジ
・ネジの補強用アンカー
・電源ケーブル用のパッキン
・クイックスタートガイド(英語表記)
・クイックスタートガイド簡易版(多言語対応)
・設置する際の目印になるシール
・英語の紙(一般公開ライセンスのお知らせ)
・修理に関するお問い合わせ先についての紙

本体を詳しくみてみる

壁に取り付けた際、環境に合わせて角度を調節するために根元がある程度動かせるようになっています。

本体からケーブルが2本生えており、一本は電源用、もう一本は有線でネットワークに接続する用のLANケーブル(メス)になっています。

また、Tapo C320WSはIP66の防水になっているのでその機能に合わせてケーブルの接続端子部分も付属の防水用のアタッチメントをつけることができます。

(電源ケーブル自体は防水ではありません。)

Tapo C320WSの特徴

2K QHDでよりクリアな映像を記録可能

Tapo C320WSはフルHDよりさらに上のQHD(2560×1440)に対応しているので対象のものをより鮮明に映し出すことができます。

さらに8倍まで拡大できるデジタルズームを搭載しているので遠くに写っているものまでしっかり確認することができます。

フルカラーナイトビジョン対応

一般的なセキュリティカメラは十分な光量がないと白黒で表示されてしまいますが、Tapo C320WSは高解像度センサーと本体に搭載されているライトによって夜間でもフルカラーの映像を記録することができます。

様々な検知機能が便利!

Tapo C320WSには様々な検知機能が搭載されておりシーンに合わせて使い分けることができます。

エリア侵入検知

設定であらかじめ設定しておいたエリアに人物が入ると自動で録画を開始してくれたり、アプリが通知してくれる機能です。

ライン通過検知

あらかじめ決めておいたボーダーより人物が通り過ぎると自動で録画を開始してくれたり、アプリが通知してくれる機能です。

妨害通知

カメラを手で塞いだり、録画を妨害するような行為か検知されると自動で録画を開始してくれたり、アプリが通知してくれる機能です。

サイレンで不審者に警告!

Tapoアプリで映像を確認した時に不審な人物が写っていた場合はカメラ内蔵のサイレンで警告することができます。

さらに上記の動作検知機能と連携すれば、自動でサイレンを鳴らすことも可能です。

カメラ越しに会話できる

アプリを通じて双方向から会話することができるので、不在時に配達員と置き場所などのやりとりをすることができます。

防塵防水なので雨晒しでも心配なし!

本体はIP66相当の防塵防水を装備している上にマイクやスピーカーなども防水なので様々な屋外環境で使用することができます。

IP66とは・・・防塵レベルMAX,あらゆる方向から爆噴流を受けてもへっちゃら

耐水実験の様子

こちらからえげつない水圧をかけられるTapo C320WSの様子を見ることができます。

TP-Link | Tapo C320WS Outdoor Waterproof Security Wi-Fi Camera
Check out more information about our Tapo smart home products:

詳しいスペックについて

製品名

Tapo C320WS

参考価格(Amazon)

¥7,000

ネットワーク

セキュリティ

SSL/TLS 128ビットAES暗号化

ワイヤレスレート

11Mbps(802.11b)
54Mbps(802.11g)
150Mbps(802.11n)

周波数

2.4GHz

ワイヤレスセキュリティ

WPA/WPA2-PSK

通知

インプットトリガー

動作検知

通知

プッシュ通知(アプリ)

映像

ビットレート

H.264

フレームレート

15fps

ビデオストリーミング

4MP

システム

認証

CE,NCC

システム条件

iOS 10以上、Android 5.0以上

動作環境

動作環境温度

-20°C~45°C (-4°F~113°F)

保存環境温度

-20°C~60°C (-4°F~140°F)

動作環境湿度

10%~90%RH

保存環境湿度

0%~90%RH

カメラ

センサー

1/3”

解像度

4MP(2560×1440)

レンズ

F/NO:1.61

焦点距離

3.18 mm

ハードウェア

ボタン

リセットボタン

LEDインジケーター

システムLED
白色LEDx2

アダプター入力

100-240VAC, 50/60Hz,0.3A

アダプター出力

9.0V0.6A

サイズ

142.3 x 103.4 x 64.3 mm

実際に使ってみよう

ここからはセットアップして実際に使えるようにしていきます。

Tapo C320WSはTapoというアプリを使って操作するので最初にダウンロードしておきましょう。

TP-Link Tapo

TP-Link Tapo

TP-LINK無料posted withアプリーチ

1.本体に電源を接続する

カメラ側には電源がないのでケーブルを指すと自動的に電源が入ります。

本体正面のランプが緑と赤に点滅するのでその状態になったらOKです。

2.Tapo C320WSをアプリに登録する

画面右上のプラスボタンを押すとデバイスの一覧が開くのでカメラ欄のTapo C320WSを選択しましょう。

3.ネットワークの接続方法を選択しよう

今回は「Wi-Fi」を選択した程でセットアップを進めていきますが、有線を選んだ方は画面の手順に沿って進めてください。

4.使用するネットワークの設定をしよう

自宅のWi-Fiなどに接続している場合は一度切断し、Tapo C320WSから出ているローカルネットワークに接続します。

接続できるとアプリが自動的に進むので、次にTapo C320WSが使用するWi-Fiを選択します。

この際使用できるWi-Fiの周波数は2.4GHz帯のみなので注意しましょう。

5.設定完了!

以上で設定は完了です!

Tapoアプリからできること一覧

ここからはTapoアプリを使ってコントロールできるカメラの機能についてご紹介していきます。

双方向から会話できる

自分が外出中に配達がきてしまった時などにアプリを介してカメラに写っている相手と会話することができます。

トークのボタンを押すと「押し続けて会話」というボタンが出てくるので、そのボタンを押している間だけ相手に声を届けることができます。

隣の「音声通話」も同じような機能で、こちらからはマイクのミュートやスピーカーのオンオフなどもコントロールすることができます。

プライバシーモード

プライバシーモードでは映像の監視を一時的に無効化したい時などに使用できます。

ただし切り忘れるとずっと監視されないままになってしまうので注意です!

通知のオンオフ

先ほども記述したようにTapo C320WSは特定の動作を検知した際に通知がきたりカメラからサイレンを鳴らしたりできるのですが、そのオンオフをこちらから切り替えることができます。

例えば家族がカメラの画角内で掃除などをしている場合、その動作をいちいち検知してしまい通知がすごいことになってしまうので、その時だけ一時的にオフにする的なことができます。

録画を再生

映像の録画はカメラ本体でもスマホアプリからでも可能で、記録した映像はこちらから確認することができます。

またカメラ本体で映像を記録する場合はMicroSDカードが必須になり、本体下部のネジを外して取り付ける必要があります。

SDカードは最大256GBのモデルまで使用可能です。

Tapo careに加入すればさらに便利に!

Tapo careというサービスに加入すると過去30日分の映像をクラウド上に保存しておくことができます。

さらに室内用カメラのTapo C210やC100などでは赤ちゃんの鳴き声検知や人物の自動追尾などにも対応してくれます。

Tapo C320WSを使うメリット・デメリット

最後にまとめとして本製品を使うメリット・デメリットについてまとめていきます。

メリット

・敷地内の防犯を気軽にできる
・動作は基本的にネット経由なので設置が非常に簡単
・カメラの近くにいなくてもコントロールできる

・敷地内の防犯を気軽にできる

一般的な防犯カメラと比べてTapo C320WSは非常に安価な7000円程度で購入することができ、取り付けも本体をねじ止めして電源ケーブルを繋げるだけで使用できるので誰でも簡単に使用できます。

・動作は基本的にネット経由なので設置が非常に簡単

こちらは上の項目と若干内容が被っていますが、本来一般的な防犯カメラは配線が多くデータを保存しておくための大きな記憶媒体も必要です。

それに比べてTapo C320WSは配線は電源ケーブルのみで映像はSDカードやアプリで保存できるので煩わしい作業が必要ありません。

・カメラの近くにいなくてもコントロールできる

一般的な防犯カメラは専用のモニターやパソコンからしか映像を確認できないので基本的に離れたところから見るということはできませんが、Tapo C320WSは映像のデータがネットワークを経由しているので外出先でも簡単に映像を確認することができます。

空き巣を未然に防ぐことができるという点では非常におすすめです!

デメリット

・内蔵メモリーがない
・壁にネジを開けないといけない

・内蔵メモリーがない

自動検知機能を使用して録画を開始する場合は、本体に内蔵メモリーがないのでSDカードがないと記録できません。

防水という点で仕方なかったのかもしれませんが、SDカードの取り付けも本体下部のネジを外す手間があるので、内蔵メモリーが少しあればなお良かったのかもしれません。

・壁にネジを開けないといけない

これは外用カメラなので当たり前かもしれませんが、壁に取り付ける際はネジで固定しないといけません。

重量的に置いて使用することができないので平面で使用する場合は、別のモデルを使用した方がいいかもしれません。

今回は以上です!

TP-Link Tapo C320WSについてのより詳しい情報はTP-Link公式サイトに記載されていますので、気になった方はぜひご覧ください!↓


Amazonで買い物するならチャージしたほうがお得!

Amazonにチャージってどういうこと?
みずまる
みずまる
Amazonギフト券を先に買っておいてアカウントに登録しておくような感じかな! そのチャージした残高で買い物をすれば毎回コンビニで払う手間が省けるし 代引きで手数料を払う必要もないんだ! しかもいくらかまとめてチャージするとポイントも加算されてお得だよ!

Amazonで買いもするなら予めチャージしておくことで最大2.5%ものポイントが還元されて非常にお得です! さらにプライム会員だと、通常会員と比べて多くポイントが還元されるのでこの際プライム会員もいかがですか? お急ぎ便無料、Prime Video、Amazon musicも使えて結構便利ですよ〜!

Amazonにチャージする!


コメント

タイトルとURLをコピーしました