【Android ホーム画面 カスタマイズ】どうせ使うならおしゃれに使いこなしたい!スマートフォンのホーム画面のカスタマイズ方法を解説します!

スマートフォン
この記事は約8分で読めます。
スポンサードリンク

こんにちは、みずまるです。

先日ツイッターにてこんなDMをいただきました。

f:id:mizumarublog:20220218121643p:plain
イメージです

僕自身ここ最近までずっとiPhoneユーザーだったのですが、去年の11月あたりにふとAndroid端末も使ってみたいと思い中古のスマートフォンを購入してみました。

そこからはAndroidのカスタマイズ性の良さに惹かれ使い続けているのですが、せっかく毎日持ち歩くのであればデザインも自分好みにしたいですよね!

ということで今回はAndroidスマートフォンで使えるホーム画面のカスタマイズについてご紹介していこうと思います。

ポイント!  

【これは買い】最強のBlueToothスピーカーを見つけてしまいました。 – みずまるブログ

【Final E500 レビュー】2000円で買える最強イヤホンはこれ一択でした。 – みずまるブログ

ホーム画面はカスタマイズしてデザインを変えたりすることができる!

f:id:mizumarublog:20220219142450j:plain

スマートフォンのホーム画面は自分がよく使うアプリを好きな場所に設置したり、ウィジェットと呼ばれる時計や天気、バッテリー残量などのコンテンツを大きく表示しておける機能があります。ここまでは割と誰でも知っているような知識ですが、アイコンのデザインを変えたりウィジェットを自分で作ったりすることができるのはご存じでしょうか?

使用しているキャリアや端末のバージョンによってはできない機種もありますが、らくらくフォンやキッズケータイなど極端に中身のデータがいじられた端末でなければ基本的に好きにいじることができます。

f:id:mizumarublog:20220218130108p:plain

少し手間はかかりますが、自分だけのホーム画面を作ることができる上に人と被らないのでとてもおすすめです。

手順や大まかな流れ

まず最低限必要なアプリが三つあります。

  • NOVAランチャー
  • カスタムウィジェット
  • アイコンパック
  • 4K対応壁紙アプリ

それがこの4点なのですが、基本的には無料で手に入れることができます。

それぞれの役目を解説すると、

NOVAランチャー

NOVAランチャーはホーム画面のUIそのものを変更するアプリになります。UIというのはUser Interfaceの略で、今回の作業ではホーム画面のデザイン性をよりアップさせるような役目を担っています。

おしゃれなウィジェットも一緒に内蔵されているのでかなり万能なアプリになっています。

カスタムウィジェット

カスタムウィジェットはウィジェットを専門に取り扱うアプリです。

さまざまなカスタムウィジェットアプリがありますが、主な特徴は自分で好きなサイズのウィジェットを作成したり、第三者が作成したウィジェットを自分のスマホに追加することができます。

アイコンパック

アイコンパックはアプリのアイコンの着せ替えデータが入っている追加パックのようなものです。

日本向けのアプリアイコンが入っているアイコンパックもありますが、種類が少なく今回は海外のものを使用していきます。

※アイコンパックはNovaランチャーがないと基本的には使えません。

4K対応壁紙アプリ

こちらはあらかじめ壁紙にしたい画像を持っているなら必要ありませんが、海外向けの壁紙検索アプリは結構おしゃれで解像度が高いものが多いので一応インストールをすることをおすすめします。

Novaランチャーの使い方

ここからはNovaランチャーをインストールして使えるようになるまでを解説していきます。

アプリをダウンロードする

まず最初にPlayストアからNovaランチャーのアプリをダウンロードします。

有料版と無料版がありますが、基本的にできることはそんなに変わらないので無料版で大丈夫だと思います。

リンクからPlayストアに飛べます↓

Nova Launcher – Apps on Google Play

システム設定からUIを変更する

アプリがダウンロードできたら設定からUIを変更します。

機種やAndroidのバージョンによって若干項目が違うかもしれませんが、

設定→アプリ→標準アプリを選択→ホームアプリ→Nova Launcherを選択 の順番でできると思います。

f:id:mizumarublog:20220219104359p:plain

これでホーム画面をカスタマイズする基盤が完成しました。

カスタムウィジェットの使い方

Novaランチャーの設定ができたので次はウィジェットを追加してみましょう。

ウィジェット自体はいろんなアプリに標準で搭載されていることもありホーム画面の何もないところを押すことで追加することができますが、カスタムウィジェットアプリをインストールすることによってより自分好みでカスタマイズ性の高いウィジェットを追加することができます。

アプリをダウンロードする

カスタムウィジェットアプリはいろんなものがありますが、冒頭でリクエストがあった実際に自分が使っているウィジェットが追加できるアプリを今回はご紹介します。

f:id:mizumarublog:20220219110819p:plain

KWGT Kustum Widget Makerとhuk kwgtというアプリを使用します。

リンクからPlayストアに飛べます↓

KWGT Kustom Widget Maker – Google Play

huk kwgt – Apps on Google Play

※両方ダウンロードしてください

実際に作ってみる

KWGTのウィジェットは使いたいウィジェットを選んで追加するのでは無く、あらかじめホーム画面で使いたいウィジェットのサイズを決めて後からデザインを決めるシステムになっています。

ここからはご自身の使用したいサイズに決めていただく必要がありますが、今回はサンプルとして4×4のサイズで作成してみます。

f:id:mizumarublog:20220219114138p:plain

f:id:mizumarublog:20220219114807p:plain

f:id:mizumarublog:20220219115757p:plain

2枚目の画像でhuk kwgtが表示されず基本パックしか出ていない場合は一度ホーム画面に戻ってhuk kwgtのアプリを立ち上げた状態でもう一度KWGTに戻ると表示されます。

3枚目画像で完成したウィジェットが小さいと感じた時は、ウィジェットをタップすると先ほどの編集画面に蹴るので画面下のアイテム欄にあるコンテンツの右にあるボックス全てにチェックを入れた状態でレイヤーのタブを開き、スケールのプラスマイナスで大きさを調整してください。調節し終わったら画面上のフロッピーディスクのマークを押さないと変更が保存されないので必ず保存するようにしましょう!

アイコンのデザインを変更してみよう!

ここからはアプリのアイコンのデザインを変更する方法を解説していきます。

今回はサンプルとして以下の四つのアプリのアイコンを変更してみます。

f:id:mizumarublog:20220219121222p:plain

※冒頭でも記述しましたが、この作業はNovaランチャーが必須になります。

アプリをダウンロードする

アプリアイコンの変更にはアイコンパックという類のアプリが必要になります。

このアプリじゃないとダメ!みたいな指定はありませんのでPlayストアでicon Packと検索し、お好みのデザインを探してみてください。

Lines - Icon Pack

Lines – Icon Pack

AIBY無料posted withアプリーチ

◆豆知識◆良いデザインを探すなら英語で検索をかけよう!
今回ご紹介したアイコンパックに限らず、絵師さんのイラストや壁紙などを検索するときは英語で検索をかけるとより好みにあったデザインに辿り着きやすくなります。
例)ポケモンの壁紙→Pokemon Wallpaper など
理由としては、日本語で検索してもヒット自体するものの日本人が投稿したものしかヒットしません。インターネット上で使用されている言語のうち英語は25%を占めていますが、日本語はわずか3%しかありません。単純計算ヒットする量が約8倍違うのでその分出会えるデザインの量も違ってくるのです。

実際にデザインを変更してみる

やり方はこんな感じ

f:id:mizumarublog:20220219130826p:plain

2番目の画面ではホーム画面のアイコンの下表示される文字を任意の文字に変更することができます。何も入力していない状態で完了を押すと文字が表示されなくなるのでアイコンだけを表示させたい方やオシャレに見せたい方にはおすすめです!

アイコンを変更する画面では好きなアイコンの変更することができ、仮に大元のアプリがインスタだったとしてもインスタ以外のアプリのアイコンを設定することもできます。

また、アイコンパックは海外でも認知度があるアプリであれば似たデザインのものがありますが、日本国内でしか使用者がいないようなアプリ(例:Yahoo電車乗り換えなど)は似たアイコンがなかったりします。ですが、大体のアイコンパックには幅広いアプリアイコンに対応したデザインがあるので好みに合わせて選んでみるのもいいですね!

ちなみに僕のおすすめアイコンパックはDeltaというアプリです。

Delta - Icon Pack

Delta – Icon Pack

AIBY無料posted withアプリーチ

(おまけ)壁紙の選び方!

f:id:mizumarublog:20220219142554j:plain

最後に簡単な壁紙の選び方をお話しして終わろうと思います。

デザインには明るさの相性があり、今回のホーム画面でもアイコンパックが白系の物だった場合、背景の壁紙をパステルカラー系の明るい色にしてしまうと両方明るい色なのでチカチカしてみにくくなってしまいます。

なので壁紙を決める際はアイコンパックが白系なら暗めの色をチョイスし、黒系なら明るめの色をチョイスするとより自然なデザインになると思います。

また、壁紙を選ぶ際はスマホのサイズと同じで尚且つ壁紙に合いそうな画像をまとめてあるアプリなどがあるのでそちらも使ってみるといいかもしれません!

4K Wallpapers - HD Wallpaper

4K Wallpapers – HD Wallpaper

VOLKRAFT無料posted withアプリーチ

まとめ

最後まで閲覧いただきありがとうございます。

誰でもスマホを毎日持ち歩く時代だからこそただのツールとして扱うのではなく、デザインにもこだわるとよりオリジナリティがあって愛着も湧くと思います。

今回ご紹介したウィジェットやアイコンパックのデザインはほんの一部でkwgtだけでもかなりのウィジェット数があります。この記事を見てちょっとでもデザインが気になったらぜひアプリをインストールしてみてください!

今回は以上です!

参考になったらぜひシェアの方をよろしくお願いします!

ではまた!

f:id:mizumarublog:20220121111709p:plain

コメント

タイトルとURLをコピーしました