【KEYTALK ベース 機材】KEYTALK 首藤義勝の使用機材は?まとめてみた!

バンドマンの使用機材
この記事は約6分で読めます。
スポンサードリンク

こんにちは、みずまるです。

KEYTALK(キートーク)で作詞作曲とベースボーカルを担当している首藤義勝(しゅとうよしかつ)さん。

聞いているだけで思わず踊り出せそうになるキャッチーなメロディーはKEYTALKの魅力ですよね!

今回はそんなKEYTALKの首藤義勝さんが使用しているベースやアンプなどの機材についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

プロフィール

名前:首藤義勝(しゅとうよしかつ)
生年月日:1989年2月19日(33歳)
担当:作詞作曲、ベースボーカル

元々義勝はボーカルじゃなかった?!

コアなファンなら知っているかもしれませんが、現在ツインボーカルのKEYTALKは元々巨匠(寺中友将)のみがボーカルを務めていました。

ですが、2012年ごろ1stシングル「KTEP」(現在廃盤)のレコーディング中に巨匠が声帯ポリープを患ってしまい、一曲だけキーが高くて歌えない曲があったためその楽曲のみ義勝さんが担当したことからツインボーカルの良さを発見し今の形態に至るそうです。

KEYTALKへ加入加入したきっかけ・the cabsなど

KEYTALKは元々Real(リアル)という名前でギターの小野武正さんとドラムの八木優希さんの2人で活動していました。

義勝さんが高校2年生の頃、埼玉県のライブハウスでギターの小野さんと出会いサポートベースを入れたRealのライブを見に行った際に自ら加入を申し出ました。

また2011年ごろからKEYTALKとは別にthe cabs(ザ キャブス)というバンドも結成していましたが、2013年2月上旬にギターの高橋さんが失踪してしまいその後連絡は取れたものの音楽活動をできる状態ではないことから話し合いの結果解散しています。

プレイスタイル

義勝さんは基本的にピック弾きで演奏しています。

ですが、ロトカ・ヴォルテラやMATSURI BAYASHIなどのスラップを多用する曲やミルクティーは恋の味などの落ち着いた曲調のものでは一部指弾きをしています。

使用ベース

Fender Road Worn 50s Precision Bass 2Color Sunburst

こちらはFender製のあえて傷や塗装の剥がれを再現しているビンテージの再現モデルです。

サンバーストにゴールドのピックガードが乗っているのが特徴的です。

現在同モデルは廃盤になっています。販売価格は167,000円程。

Fender American Professional Jazz Bass Sonic Gray

こちらの少しくすんだ青っぽいベースは見たことがある方も多いのではないでしょうか?

こちらは2017年に発売した「アメリカンプロフェッショナルシリーズ」の新モデルで比較的新しいモデルになります。

現在はAmerican Professional 2が発売されているため廃盤になっていますが、販売価格はサウンドハウスにて201,080円です。

名前はジョセフィーヌらしいです。

新型はこちら↓

Fender 3-Color Sunburst Jazz Bass (多分1970年代製)

こちらは詳しい情報があまりネットに転がっていなかったので細かい型番まではわかりませんでしたが、おそらく1970年代に作られたFender製ジャズベースではないかと思われます。

フレットのブロックブロックインレイが1970年代特有のものなのでビンテージものですね!

(もしかしたらむぅさんの旧メイン機と同じモデルかも…?)
(むぅさんはピックガードをべっこう柄から黒に変更しています。)

2022年4月4日の投稿に載っていたので新入りのベースです

名前はしげるだそうです。

ピック

ジムダンロップ/TORTEX TRIANGLE

こちらはピックといえばの定番、ジムダンロップのトライアングル型のピックです。

義勝さんは0.73mmの黄色いモデルを使用しています。

汗でも滑りにくく、オレンジ(0.60mm)だとしなりすぎて緑(0.88mm)だと固すぎて指が痛くなってしまうので黄色が1番ちょうどいいとのこと。

アンプ

TC ELECTRONIC RH750 ヘッドアンプ

created by Rinker
ティーシーエレクトロニック(Tc Electronic)

ORANGE OBC410 キャビネット1

ORANGE OBC115 キャビネット2

SHURE MW4D+ ワイヤレスシステム

こちらはラックタイプのワイヤレスシステムです。A帯とB帯合わせて39チャンネルの運用が可能なモデルです。

現在は販売終了しており、後継機としてGLX-DやULXD4Dなどが販売されています。

SHURE ULXD4D-AB ワイヤレス受信機

エフェクター

この画像の足元を参考にご紹介します!

BOSS TU-3 クロマチック・チューナー

TECH21 SansAmp BassDriver DI プリアンプ

TECH21 SansAmp BASS DRIVER DI V2

BOSS Bass Driver BB-1X ベース用プリアンプ

BOSS Line Selector LS-2 AB box

Free The Tone BASS BLASTER BB-2 ベース用オーバードライブ

生産完了品

BOSS Bass Comp BC-1X コンプレッサー

ELECTRO-HERMONIX SMALL CLONE コーラス

Providence FINAL BOOSTER FBT-1

生産完了品

近いモデルはMXRのMicroamp

Providence PROVOLT9-9 パワーサプライ

今回は以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました